工務店のホームページ制作・SEO対策のe売るしくみ研究所
サイト内検索
月間アーカイブ
運営者情報
ベンチャー企業社長のベンチャー企業社長によるベンチャー企業のブログ
e売るしくみ研究所
代表 山本直人

「ホームページはあるけど問合せが無い・・・」
インターネット集客で悩める日本全国の工務店経営者に
「どうやったらホームページで反響をとれるのか?」
をコンサルティングする毎日を送ります!

RSS

市川市本八幡で働く社長のブログ

更新日:2008,06,19,Thursday
最近、ニュース番組をみていると、秋葉原の事件があったせいもあるのか、
派遣労働の過酷な実態レポートをよく目にします。

ただ、見ていると、長時間、低賃金、将来への不安・・・
「正規雇用増加を!」とコメンテーターの人が訴えて終わるパターンがほとんどで、
とても問題解決できる前向きなレポートでは無い気がします。
(長時間・低賃金・非正規雇用というと、テレビの制作会社もかなり当てはまるのでは???)

一番、僕が疑問に思うのは・・・
レポートに出てくる可愛そうな派遣労働の人たちには「親とか兄弟はいないのかなぁ?」
という事です。
この手のレポートでてくる20代・30代の派遣労働者さんには、
おそらく、親・兄弟はご存命かと思います。(秋葉原の事件の彼も両親共に健在ですね)

苦しくてどうしようもない時、最後に頼れるのが、親とか兄弟ではないでしょうか?
最後の一線を越える前に、どうして、もっと家族と向き合えないでしょうか?
少し「助けて下さい」と言えば、いいじゃないですか・・・

年金・保険・労働問題・・・
すべて、家族のあり方の変化が問題の原因になっているような気がします。
今、日本人に忘れられている「家族のあり方」を教えてきたのは、「道徳」や「宗教」。
学校教育では、タブーとされている分野ですが、戦後教育が忘れてきた「心の教育」の復活が、
問題を解決する根本的な対処になるような気がします。

すでに、この家族のあり方の問題は第二世代・第三世代に引き継がれ、
世代連鎖のサイクルに入り込み始めています。
格差社会は、数十年でさらに広がりを見せることが予測されます。
事態は深刻です。僕もできるところから、はじめようと思います。



提供:ホームページ制作e売るしくみ研究所