工務店のホームページ制作・SEO対策のe売るしくみ研究所
サイト内検索
月間アーカイブ
運営者情報
ベンチャー企業社長のベンチャー企業社長によるベンチャー企業のブログ
e売るしくみ研究所
代表 山本直人

「ホームページはあるけど問合せが無い・・・」
インターネット集客で悩める日本全国の工務店経営者に
「どうやったらホームページで反響をとれるのか?」
をコンサルティングする毎日を送ります!

RSS

市川市本八幡で働く社長のブログ

更新日:2010,09,27,Monday
ツイッターを始めてから最近、ブログの更新が滞りがちです。。。

すみませんm(__)m


今日の予定とか、今何してる?みたいな旬な情報は、ツイッターの方が相応性が高いので、そちらで流しています。

ツイッターアカウントをお持ちでしたら

http://twitter.com/yamamotonaoto

でフォローしてください。

さて、ツイッターは、フォローと呼ばれるリンク機能で情報流通を制御するシステム(サービス)です。

具体的に言うと、他人のツイッターをフォローすると、他人のつぶやいた情報が自分の画面上に時系列で表示されます。

そして、自分のツイッターがフォローされると、自分のつぶやきがフォローしてくれた人のツイッター画面に表示されます。

このフォロー機能で、情報の入口と出口を作ることで、いろいろなことができるようになります。


例えば、雑誌編集者やマスコミ関係、その業界の有名人などをフォローしてみてください。
最新の情報を入手している人たちの、最新の情報がツイッター上に表示されてくるようになるので、新聞・雑誌・テレビよりも早くコアな情報を手にすることができます。

実は、僕はこれにより、ネット検索の回数が減ってきています。

ネット検索で調べるケースは、最新の情報というよりは過去の情報で整理されたレポートや統計情報、マニュアルなどを探すようになってきました。


つまり、これからの時代は、ネット検索が上手く使える人よりも、流通される情報の源流を作る人たちから入ってくる情報を元に作戦を練るほうが、ビジネス的には有利になる可能性がとても高くなる可能性があります。


僕は、情報をストックインフォメーションとフローインフォメーションに分けて、流通形態による違いから、ユーザーを集客する方法を考えていますが、今後、この分野はますます活発化していきそうな予感です。

グーグルがネット世界の一人勝ちのように言われていますが、10年後、グーグルと言う会社が今の会社のままでいることは難しいかもしれません。

マイクロソフトもヤフーも10年前に今のような会社になる事を予測できた人はごく少数。


今年の技術的な収穫は、SEO対策の次になる集客の仕組みを体感することができた点かもしれません。


提供:ホームページ制作e売るしくみ研究所